転職

転職に学歴は重視される!?それよりもっと大切なものがあった

「転職しよう」と決意した際、気になることの一つは学歴かもしれません。新卒で就職活動をしていた頃は「学歴フィルター」なるものがあると聞いていました。採用面接を受けたくても、学歴で落とされてしまい応募もできないと言うのです。転職の場合はどうなのでしょう。

 

結論から言うと、転職では学歴よりも「何ができるか」に注目されることが多くなります。過去の軌跡より、今どんなスキルを持っているかの方が重要なのです。

 

転職時の学歴問題!新卒採用時より学歴は重視されない?

新卒での採用時は、大企業ほど「学歴フィルター」によって振り分けられることが少なくないと思います。一度に大勢の就活生が応募してくるため、ある程度のフィルターを設けなくて仕方ないのかもしれません。

 

しかしそれに比べ転職時は、学歴の重要度が下がる傾向にあります。企業により採用の基準はまちまちなので一概には言えませんが、履歴書の学歴だけで不合格になることはほぼないでしょう。

 

採用決定の際の参考資料にされることはあるかもしれませんが、学歴だけで合否が決定してしまう心配はしなくて良いのです。

 

転職時に学歴よりも求められるもの

では、転職時に企業が学歴よりも求めているものは何なのでしょうか。

 

中途採用者に対し企業が求めているものは即戦力です。職務経験のない新卒採用者の場合は、白紙状態から教育する必要があります。時間をかけて自社のための人材を育てることも大切ですが、入社してすぐは戦力になりません。

 

それに対して中途採用者は、できるだけ早く戦力になることを求めらます。新卒採用者のような長期の研修期間がなくても、すぐ企業のために働けなくてはいけないのです。

 

だからこそ転職の面接では、次のようなことをアピールすると良いでしょう。

 

これまでのキャリア・実績

今までの職務経験でどんなキャリア・実績を積んできたのか、もしも入社した際に活かせる経験はあるのかなどは、企業にとって大切な情報です。高学歴でなくてもこれまでの経験が企業にとって求められるものであれば、採用に有利でしょう。

 

逆に高学歴であっても、企業が求めるほどの経験がなければ不利になってしまうことがあります。

 

身につけたスキル・資格

過去の職務経験の中でどんなスキルを身につけてきたか、また客観的な指標となる資格はどんなものを持っているのかもアピールポイントになります。

 

スキルや資格がある人であれば、企業が教育しなくてもすぐ活躍が期待できるでしょう。数年前に卒業した学歴より、今、何を持っているかの方が重要なのです。

 

企業に対するモチベーション・やる気

企業は自社を発展させる人材を求めていますから、高いモチベーション・やる気は重要です。学歴があってもモチベーションが低ければ、伸びしろは期待できません。企業としてもせっかく採用したのに何も貢献できないようであれば、無駄になってしまいます。

 

もちろん転職の面接の際は、誰でもその企業に対する熱い気持ちを伝えるでしょう。そのとき、取って付けたような言葉では人事担当者に見透かされてしまいます。応募先の企業のことを深く知り、入社してどんな仕事をしたいのかなど心からアピールしましょう。

 

転職の年齢、業種によっては学歴が関係することも

転職では新卒時に比べ学歴の重要度は低いとされますが、全く関係ないわけではありません。転職時の年齢や転職を希望する業種によっては、やはり学歴を見られることも多いでしょう。

 

第二新卒での転職時には学歴が見られる

新卒で一度は就職した後、1〜3年で離職し再び転職活動する人を「第二新卒」と呼びます。一般的には25歳前後の若者を指しますが、この年齢での転職では学歴を見られることが多いでしょう。

 

一度就職しているとは言え、1〜3年ではまだ社会人として大きな経験を積んでいるわけではありません。キャリアやスキルも、即戦力として期待できるほどはないでしょう。

 

そのため第二新卒での転職時には、学歴も採用を決める基準の一つとなるのです。

 

総合商社・金融関連・教育関連では、転職にも学歴が必要かも

業種によっては、やはり学歴が重視されてしまうことがあります。特に総合商社・金融関連・教育関連の業種では、卒業して年月が経っていたとしても転職時には学歴が大きな指標になってしまうと考えられます。

 

学歴に自信が持てなければあえて挑戦せず、採用される確率の高い業種を選ぶ方が良いかもしれません。

 

転職のためには学歴よりもキャリアやスキルを大切に

ある程度社会人としての経験を積んでからの転職であれば、学歴はあまり重視されないと考えて良いでしょう。重視されるのは学歴よりも、これまでのキャリアや身につけたスキルです。

 

新卒時の企業で定年退職まで働くというビジョンがないのであれば、転職を考えたときに有利になるようキャリアやスキルをしっかり積んでいくことをおすすめします。

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事です。

おすすめ転職エージェント

転職エージェントを実際に使ってみたメリットとデメリット

転職エージェントの紹介記事です。

実際に転職エージェントを使ってみた感想とメリット・デメリットを紹介しています。

とりあえず自分の市場価値を知りたい人・未経験だけど転職できるか心配な人にたくさん読まれています.

おすすめ転職サイト

【初めて転職する人へ!】20代におすすめの転職サイト3選

初めて転職する人によく読まれている記事です。

僕も実際に今の会社に転職する際に使用していたサイトです。

とりあえず登録して空いている時間に企業リサーチするのもおすすめです。

イチオシの転職サービス

転職にdodaをおすすめしたい理由

カンキチのイチオシ転職エージェントです。

dodaは求人の質・リクルーターの質がよく自信を持っておすすめできます。

そんなdodaのことを紹介したこの記事はたくさん読まれていてみんな口を揃えて満足していると答えています。

おすすめ転職サイトTOP3

【転職経験者が自信を持っておすすめする転職サイトです!!】

<完熟丸>・・・エンジニア▶総務・人事へ転職成功!

<カンキチ>・・・高卒・アラサー・工場員▶ウェブマーケター

へ転職を大成功させた2人が実際に使っていた転職サイトの中からおすすめの3つをピックアップしました!

DODA

転職を考えているならまず登録するべき。

・専任エージェントが担当
・エージェントの徹底サポート
・トップクラスの求人数

と転職で大事な要素が目白押し!
転職を成功させたいならとりあえず登録しておこう!

リクナビNEXT

業界トップクラスのリクナビNEXTは必ず抑えて置かなければならない転職サイトと言っても過言ではないでしょう。

さすがは天下のリクルートグループ、求人数は転職サイトでTOPクラスです。

また未経験OKの求人にも力を入れており、転職が初めての人でも非常に求人が探しやすいのが特徴です。

とりあえず登録しておいて間違いがないです。

-転職

© 2021 人生の落とし穴 Powered by AFFINGER5