転職サービス

転職エージェントを実際に使ってみたメリットとデメリット

転職エージェントって転職に有利なの?

転職サイトを使って転職活動をした時と違ってどんなメリットがあるの?

なんて疑問を持っている方も多いと思います。

転職活動は今後の人生を大きく左右されるものですからできることなら成功させたいですよね?

転職エージェントはそんな方の力になってくれるサービスですが使い方を間違えると思わぬ失敗をしてしまうことがあります。

そこで今回は実際に転職エージェントを利用して転職を成功させたカンキチが「転職エージェントのメリット・デメリット」について解説いたします。

現在「転職活動で行き詰まりを感じている人」や「転職活動を行う上で孤独を感じている人」は参考になると思います。

カンキチが実際に転職エージェントを利用した体験談もご紹介しますので、あわせてご一読ください。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、転職を有利に運ぶためにアドバイスや求人情報の取得、個人個人に合わせた転職情報などをお手伝いしてくれる人のことを言います。

よくキャリアアドバイザーなんて言葉も聞くと思いますが同じものと思って頂いても大丈夫です。

簡単に言うと転職を考えている個人と企業を結ぶ橋渡しの役が転職エージェントということです。転職エージェントは完全無料で相談できるので、窓口が広いのが特徴です。

転職エージェントを利用するメリット

まずは転職エージェントを利用するメリットについて解説いたします。

転職エージェントは同じように転職活動に使用される転職サイトとよく似ていますが次のような特徴を持っています。

  • 孤独な転職活動に心強い味方
  • 未公開求人が全体で約80%の占有率
  • 前職よりも福利厚生や働きやすい仕組みが整っている企業が多い

それぞれの転職エージェントのメリットを見ていきます。

孤独な転職活動に心強い味方

転職活動は一人で行うことが多く、基本的に孤独です。

頼れる人がいればよいのですが周りに転職経験者や転職活動のことを聞いてくれる人がいなければ孤独に感じてしまうでしょう。

そんな時に専門知識を持った転職エージェントが心強い味方になってくれます。

転職活動の進め方やキャリアの相談、入社面接を受ける企業の情報を教えてくれたりもします。

転職活動を行っている方は孤独感や悩みを感じやすいですが転職エージェントに相談をすることでそういった悩みを軽減することができます。

完全無料なので気軽に転職の相談や履歴書の書き方、面接の対応方法なども聞くこともできます。

非公開求人が多く、転職サイトにない求人が多数掲載されている

転職エージェントを扱っている会社の一番の強みは何といっても未公開求人の多さではないでしょうか。

パソコンで調べればすぐにでてくる求人の他に、有能クラス、ハイクラスレベルの求人を扱った未公開求人があります。

大手企業や新しくプロジェクトを立ち上げたい企業は競合企業に求人から情報が流れるのを警戒しています。

非公開求人の中にはそういった大手の新規プロジェクトに関われる求人などがあったりするのでそれだけでも登録する価値はあるでしょう。

また過去に実績を残したことがある人や特別なスキルを持っている人は未公開求人へ応募することで今よりも環境の整った仕事に就ける可能性が高いです。

前職よりも福利厚生や働きやすい仕組みが整っている企業が多い

転職エージェントは利用開始時にヒアリングをしてくれます。その際に希望を伝えていれば前職で抱いていた不安や悩みを解消できる企業を紹介してくれます。

なので待遇面や福利厚生などで悩みを相談していた場合は転職エージェントやキャリアアドバイザーが求職者の意図に沿って仕事を紹介してくれます。

また転職エージェントは直接企業とつながっていることもあるので事前に応募先の企業の情報を教えてくれることもあります。

最近では給料などの条件面より福利厚生や待遇などで仕事を選ぶ人も増えて来たのでそういった情報を収集するために転職エージェントを利用する人も多いです。

転職エージェントを利用するデメリット

  • ハイクラス求人ばかり扱っているので一般転職は見向きもされない
  • 転職エージェントから頻繁にメールやラインが来る
  • 自身が就きたい企業より自身のスキルに見合った案件を提案してくる

それぞれデメリットを詳しく見ていきます。

ハイクラス求人ばかり扱っているので一般転職は見向きもされない

転職エージェントを利用する多くの人は今の環境よりもワンランク上の仕事をしたい人が多数を占めているため、ちょっとサイトを探せば見つかるような仕事を求めている人は、転職エージェントを利用していると場違いな雰囲気に呑まれ、いたたまれなくなる思いをします。

実際に筆者が転職エージェントを利用した時はあまりに畑違いな環境に途中で苦しくなって利用をやめました。

転職エージェントから執拗にメールやラインが来る

これも実際体験した経験によるものですが、転職エージェントから、しきりにメールが飛んでくるようになります。

転職エージェント側からすれば、早く転職させれば自分の実績になりますからお給料も増えますので、できるだけ早く転職させたいんです。

そういった理由から早く仕事を決めろと圧をかけられているようで苦しくなります。

自身が就きたい企業より自身のスキルに見合った案件を提案してくる

自分が行きたい企業を指名すると、スキルの有無によって違う企業を進めてくる場合があります。

転職エージェント側からすると、企業様には高いお金を払ってもらう分、良い人材をいれなければなりません。

ですが、あまりに個人のスキルが低いと転職エージェント側が企業様の信用を失うので別の案件を進めてくるようになります。

こうなってくると転職エージェントを利用しても得がないので、さっさと自分で職を探した方が効率よく転職先が見つかります。

転職エージェントを利用するべき人の特徴

では転職エージェントを利用するべき人にはどんな特徴があるのでしょうか。

転職エージェントがおすすめな人の特徴は次の通りです。

  • 転職活動が初めてで進め方がわからない
  • 自分におすすめの仕事をおすすめしてほしい
  • 専門分野の仕事に転職したい

簡単に解説致します。

転職が初めてで進め方がわからない

転職が初めての方は転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは転職活動の進め方や提出書類の書き方・添削、面接対策など手厚くサポートしてくれます。

特に転職が初めての方は提出書類(履歴書・職務経歴書)のクオリティが低いことが多く、添削してもらうことで書類選考を通過できる可能性が大きく上がります。

転職エージェントは多くの企業へ転職希望者を入職させているいわばプロなので積極的にサポートしてもらうことをおすすめします。

自分におすすめの仕事をおすすめしてほしい

自分ではどんな企業がマッチしているかわからない方や自分で仕事を探すのがめんどくさい人にも転職エージェントはおすすめです。

殆どの転職エージェントは利用開始時にエージェントのヒアリングが実施されます。このヒアリング内で希望の業界や条件、年収をすり合わせます。

エージェントはヒアリング内容をもとに転職先を求職者に紹介してくれます。転職先の企業を自分で探すのが苦手という方にはピッタリです。

まずは転職エージェントのヒアリングを受けてみてどんな案件を紹介してもらえるか確認してみましょう。

専門分野に転職したい

専門分野に転職したい方にも転職エージェントはおすすめです。

転職エージェントには「総合型」と呼ばれる幅広い業種の仕事を掲載しているエージェントと「専門型」と呼ばれる特定の業界に特化した転職エージェントが存在しています。

基本的には総合型の転職エージェントを利用していれば困ることはありませんが薬剤師や看護師など専門職と呼ばれる領域で転職をしたい方は専門分野の転職エージェントを利用することおすすめします。

転職エージェントを使用するべきではない人の特徴

基本的に転職をする方は転職エージェント活用するべきですが反対に使用するべきではない方の特徴も紹介致します。

転職エージェントを使用するべきではない方の特徴はこちらです。

  • 自分のペースで転職を進めたい

自分のペースで転職を進めたい

転職をすすめる上で転職エージェントを利用するべきではない方は「自分のペースで転職を進めたい」という場合のみでしょう。

転職エージェントは様々なサポートを行い、転職活動を進めようと協力してくれます。

ただし、そのようなサポートを「無理に転職させようとしているのでは?」と怪しんでしまったり鬱陶しく感じてしまう方もいるでしょう。

そういった方は転職エージェントを使用せずに転職したほうがマイペースに転職活動を行えるので良いかもしれません。

転職エージェント以外の選択肢としては転職サイトでの転職活動がおすすめです。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントのメリット・デメリットを理解したところでおすすめの転職エージェントを紹介いたします。

カンキチがおすすめする転職エージェントは次の3つです。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • パソナキャリア

それぞれ特色があるので簡単に説明します。

またおすすめの転職エージェントをまとめた記事もあるのでそちらも参考にして下さい。

《関連記事:【2021年版】高卒が使うべきおすすめ転職サービス

おすすめの転職エージェント1:リクルートAgent

業界最大手の求人サイトです。

公開求人数もさることながら、一般では公表されていない非公開求人も多数持っていることから転職希望者のほとんどが使用しています。

未経験募集の求人に強く、大手企業の求人から中小企業、ベンチャー企業、スタートアップ企業など様々なキャリアや職場の仕事が掲載されています。

これから転職活動を行いキャリアを築いていきたい未経験の方に非常におすすめです。

掲載数も多いので多くの求人から転職先を見つけたい方はリクルートエージェントがぴったりです。

《関連記事:【成功率UP】リクルートエージェントがおすすめの理由と転職成功率を上がるコツ

おすすめの転職エージェント2: doda

国内最大級の紹介実績を誇り、CMも多数放送されているので知っている方も多いのではないでしょうか。

dodaがおすすめな理由は「転職エージェント」と「転職サイト」の両方の機能を持っていることではないでしょうか。

とりあえず登録しておけば間違いないでしょう。

DODAは別の記事で詳細にまとめているのでそちらの記事も参考にしてみてください。

《関連記事:転職にdodaをおすすめしたい理由

おすすめの転職エージェント3:パソナキャリア

丁寧な対応が心強いパソナキャリア

業界・職種別に専属チームを作成しており、専門知識を持ったエージェントにサポートしてもらえる。

女性の転職に強いのも大きな特徴で、初めての方に特におすすめです。

《関連記事:【サポート充実?】パソナキャリアで転職はヤバい?メリットや口コミを徹底解説!》 

転職活動を行うなら転職エージェントは必須!

いかがだったでしょうか?

今回は転職エージェントがどんなものだったのかを、体験談を交えてご紹介させていただきました。

転職エージェントの印象としては、今の職場よりも待遇がよくハイクラスな仕事ができる人材こそ使うべきシステムなのかなと感じました。

逆に言うと、特にスキルアップを望んでいない場合や、中小企業での転職でいいのであれば無理に転職エージェントを利用しなくても問題はないと思います。