転職サービス

リクルートダイレクトスカウトの口コミは?特徴もあわせてご紹介!

リクルートダイレクトスカウトという転職サービスが巷で流行っています。

どのような転職サービスなのでしょうか?

また実際に使った人の口コミを知ってから利用したいですよね。

今回は、リクルートダイレクトスカウトの口コミをご紹介します。

リクルートダイレクトスカウトの特徴も解説しているので、是非最後までご覧ください。

《関連記事:【2021年版】高卒が使うべきおすすめ転職サービス

リクルートダイレクトスカウトとは

株式会社リクルートが運営しています。

東京都に本社があり、総従業員数は15,000人を超える大企業です。

一人一人が自分に素直に決めることをビジョンとして掲げています。

そのリクルートが提供しているサービスの一つがリクルートダイレクトスカウトです。

長いキャリア形成についてサポートする、管理職向けの転職スカウトサービスです。

職務経歴書を登録すると、経歴やスキルに合った求人のスカウトが届きます。

リクルートダイレクトスカウト口コミ

リクルートダイレクトスカウトはハイクラスの転職サイトです。

今後のキャリアを考えている人は利用をしてみたいでしょう。

利用をする前に、実際に使った人の口コミを知りたくはありませんか?

ここからは、リクルートダイレクトスカウトの悪い口コミと、良い口コミをご紹介します。

悪い口コミ

リクルートダイレクトスカウトから一気に30通近くも来てて読みきれないから結局どれも返していない。

(引用)

リクルートダイレクトスカウトとかいうサービス、スカウトというわりに書類選考案件ばっかりなんだが…。

(引用)

一気に30通近くスカウトがくる、書類選考案件ばかりといった口コミが見られます。

たくさんスカウトが来て迷ってしまうのも分かりますが、それだけ多く案件をもっているということでしょう。

スカウトが書類選考からでも、自分に合った企業が分かるので利用する意味はあるでしょう。

良い口コミ

ビズリーチとリクルートダイレクトスカウトに登録して2週間くらい。

企業からの直接スカウトはリクルートのほうが多い。

(引用)

リクルートダイレクトスカウト使ってる方は希望を書くといいオファーが来る確率上がります。

「こういう業界に興味ある」「こうやって働きたい」という記述は結構見てます。

(引用)

企業からの直接スカウトが多い、希望を見てくれるなどの口コミが見られました。

案件が直接届くだけでも転職活動がしやすいですが、多く案件が届くのでその中から自分に合った案件を選ぶことができます。

また自分の希望もしっかりと見てくれるという点も好感がもてるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトの特徴

リクルートダイレクトスカウトの実際の評判をご紹介しました。

リクルートダイレクトスカウトを利用してみたくなった方もいるのではないでしょうか。

しかし、決め手にかけるでしょう。

他の転職サイトとどのような違いがあるのかが知りたいはずです。

ここからは、リクルートダイレクトスカウトの特徴をご紹介します。

ハイクラスに特化した管理職向け求人

ハイクラス限定で管理職がメインの求人が特徴です。

年収600万円が最低ラインで、年収800万円から2000万円の案件を扱っています。

求人情報も大手企業が多数と厳選されています。

ここまでハイクラスな転職サイトは数少ないでしょう。

HPによるとキャリアアップした人の経験談がのっています。

実際にキャリアアップができる転職サイトです。

ヘッドハンターが仕事を探してくれる

転職エージェントは仕事をサポートしてくれますが、リクルートダイレクトスカウトは違います。

ヘッドハンターが仕事を探します。

そのため応募者は、待つだけでいいのです。

ヘッドハンターとは企業と応募者をつなぐ仲介者のことです。

リクルートが誇る幹部向けの転職のサポート経験が豊富なヘッドハンターを自ら選ぶこともできます。

約300社、3,000名以上(2021年7月時点)のヘッドハンターが仕事を見つけてくれます。

忙しくて求人がみられない方でも利用できるでしょう。

ただ、転職のサポートはしてくれません。

企業と応募者をつなぐサービスということを覚えておきましょう。

顧問求人のスカウトが受けられる

求人の企業では、長年の知識と経験から企業を助ける「顧問」の人材の需要があります。

顧問と言えばシニア層が浮かんでくると思いますが、中堅や若手の顧問も需要が高いです。

複業として働く人もいます。

メリットとしては他の会社の顧問になれたり、知識や経験がさらに増したりして、自分のキャリアアップにつながります。

退職後を意識した働き方を考えられるいい機会になるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトは、そんな顧問求人を扱っています。

リクルートダイレクトスカウトの利用がおすすめの人

リクルートダイレクトスカウトは登録すればヘッドハンターが求人を見つけてくれる転職サービスです。

この特徴を生かして転職活動したいですよね。

リクルートダイレクトスカウトが自分に合った転職サービスなのか知りたいでしょう。

ここからは、リクルートダイレクトスカウトの利用がおすすめの人をご紹介します。

管理職で今より高い年収の会社に転職したい人

管理職で今の給料に不満をもっていませんか?

リクルートダイレクトスカウトなら今より高い年収をねらうことができます。

800万円から2000万円の求人が多いため、今の年収より高いところを希望しやすいです。

非公開求人もあります。

ハイクラスの求人はなかなか転職サイトに公開されませんが、ヘッドハンターが応募者の経歴やスキルから非公開の求人を探し出してくれます。

自分の市場価値が知りたい人

ヘッドハンターが求人を選ぶため、どの求人が自分におくられてくるかによって、自分の市場価値が分かります。

また違うジャンルの仕事がおくられてくることもあるでしょう。

新たなキャリア構築のきっかけにもつながるはずです。

スカウトが送られてくること自体、市場価値が高いといえます。

経歴やスキルが多いほど、自分に合った転職先が見つかりやすいです。

無料で審査もないため、市場価値を知りたい人は気軽にリクルートダイレクトスカウトに登録してみてください。

転職活動に時間を割けない人

転職活動を行うにあたって自分の時間を割かなければいけません。

会社に在籍中だとなかなか時間がとれないでしょう。

リクルートダイレクトスカウトならヘッドハンターが仕事を紹介してくれます。

自分で案件を探す必要がないというわけです。

登録後は何もせず、スカウトをまつだけでいいです。

キャリアを変えたい人も、登録内容に興味ある職業を記載するだけで仕事がきます。

また担当コンサルタントを選べるので、自分に合った求人が届きやすいです。

 まとめ

リクルートダイレクトスカウトの口コミについて紹介しました。

ハイクラス限定の転職サービスとして、これからもっとリクルートダイレクトスカウトは有名になるでしょう。

また待っているだけでスカウトが届くといった点も、転職活動に時間を割けない人にとっては便利なサービスとなりそうです。

こちらの記事をみてすこしでも興味をもったなら、利用してみることをおすすめします。



ABOUT ME
カンキチ
本業はベンチャー企業のウェブディレクター兼ウェブマーケター。 工場作業員→ウェブ業界に30歳手前で転職した独身会社員。 趣味はカメラと読書。 マーケティングとデータ分析が大好物。