転職ノウハウ

IT業界に転職したWEBマーケターの1日のスケジュールを詳細解説!

どうも、カンキチです。

今年の1月にWEBマーケターへ転職をした僕ですがいつの間にか1年が経とうとしています。 僕が転職した会社はWEBコンサルを行う会社なのですがその中でも僕は「WEBマーケター」、「WEBディレクター」として勤務しています。

転職後によく

「WEBマーケターって結局どんな仕事してるの?」

「WEBマーケターってどんな流れで仕事してるの?」

なんて質問をされるので今回はWEBマーケターの仕事内容を紹介しながら1日のスケジュールを紹介します。

これからWEBマーケターへ転職を考えている方はぜひ参考にしてください!

IT業界でも人気の「WEBマーケター」ってどんな仕事?

WEBマーケターとはWEBを使用してマーケティングを行う仕事となっています。 様々な施策を行い、商品やサービスを顧客に届けること目標として業務を行っています。

マーケティングの施策は多岐にわたるのですが主な施策は下記の通りです。

  • ・広告運用
  • ・SNS運用
  • ・メルマガ送付
  • ・SEO対策
  • ・上記の解析・改善

このような施策を駆使しながらクライアントや自社のサービスや商品を顧客に届けます。 顧客の対象によりマーケティングの呼び方が変わり次のように呼んだりもします。

  • BtoBマーケティング・・・企業向けのサービスや商品をマーケティングすること
  • BtoCマーケティング・・・個人向けのサービスや商品をマーケティングすること

呼び方は似ていますが実際の仕事内容や施策にも大きく変化があるのでこれからWEBマーケターへ転職をしようとしている人は間違えないようにしてくださいね! ちなみに「BtoB」は「Business To Business」の略となっており、「BtoC」は「Business To Customer」の略となっています。

BtoBのWEBマーケターの仕事内容

BtoBのWEBマーケターは企業向けのサービスをマーケティングします。 例えば社内で利用するチャットツールや効率化を図るシステムなどをマーケティングを駆使し広めて行きます。 特徴としてはターゲットが企業などの大きな組織となっているので売上や顧客単価が高くなっていることです。 BtoBマーケターの主な仕事内容は次のようになっています。

  • サービスサイトの運用・管理
  • プレスリリースなどの配信
  • メールマガジンの配信
  • 広告の運用・配信

WEBマーケターの仕事は多岐に渡るため紹介した仕事以上にたくさんあるのですが主な仕事内容は上記のようなものと考えてください。

BtoCのWEBマーケターの仕事内容

BtoCのWEBマーケターは個人(Customer)へのサービスや商品をマーケティングします。 こちらは日常の中に溢れているので想像しやすいかもしれません。 特徴としてはターゲットが個人のため顧客単価は低いものが多くなっており、売上を上げるために多くの消費者・顧客に購入をしてもらう必要があります。 BtoCマーケターの主な仕事内容は次のようになっています。

  • サービスサイトの運用・管理
  • メールマガジンの配信
  • SNSの運用・管理
  • 広告の配信・運用

BtoCはより顧客との距離が近く、サービスを届けやすくするための工夫をすることが求められます。 また最近では企業が運用する「SNS」が注目を浴びることも頻繁に見るようになってきました。 WEBマーケターをやりたいと思っている人は「BtoCマーケター」を目指している人が多いのではないでしょうか。

<<あわせて読みたい>>
【この記事を読め】今人気のWEBマーケターとは?WEBマーケターに転職した俺が解説!

あるBtoCのWEBマーケターの1日を紹介!

WEBマーケターの種類について簡単に解説致しました。
僕の仕事内容はというと現在「BtoCマーケティング」、「BtoBマーケティング」双方を行っています。
理由としては社内にメディアの担当がおらず、一人で個人向けのサイトと企業向けのサイトを運営しているからです。
比率としては「BtoC」のほうが多くなっているので「BtoC」の仕事が多い日を紹介しますね!

8:20~ 「出社」

8:30から業務が始まるの10分前に出社します。
始業まではメールなどをチェックします。

8:30~ 「業務開始」

業務を開始します。
まずは担当しているサイトの前日までの数値を確認します。
僕は3サイトを担当しているので3サイト分のデータをチェックします。
データのチェックは主に

  • Googleサーチコンソール
  • Google Analytics

で行います。どちらも非常に大事な作業です。

9:30~ 「コンテンツ作成」

サイトのチェックが終わると各サイトのコンテンツを作成していきます。
コラムやブログ記事などを入稿します。
僕が努めている会社では記事の執筆はフリーランスの方に委託をしています。
なので僕は主に入稿作業は執筆された記事の校正を行います。
また数値確認でサイトの検索順位が下がっていたり、順位を上げたいコラムがあったらリライトや内部リンクの設置を行います。

11:00~ 「SNS投稿及び準備」

SNSへの投稿、及び投稿の準備を行います。
Twitter、インスタグラムを主に運用しているので投稿準備を行います。
Instagramは画像・動画がメインになるので基本的にデザイナーチームが担当しており、僕はテキストベースのTwitterを運用しています。
SNSの広告運用も行っていますが、オーガニックでもコンバージョンが出るようにしっかりと運用しています。

12:30~ 「昼食 ランチへ」

12:00を過ぎてキリがいいタイミングでランチへでかけます。
週に一回はチームのメンバーを誘って仕事と全く関係のない話をしながらランチをしています。

13:30~ 「広告代理店と打ち合わせ」

午後からは広告運用を委託している広告代理店と打ち合わせをしたりしています。
基本的には日次や週次でデータを共有、報告してくれるのですがZOOMなどのウェブ会議ツールを利用しての打ち合わせも行っています。

14:30~ 「フリーランスと打ち合わせ」

業務を委託しているフリーランスとも打ち合わせを行っています。
翌月以降の業務の進め方や業務をすすめる上での課題などを共有しています。
新しくコンテンツがたくさん必要になった場合にはフリーランスの募集・面談なんかもしたりします。

15:30~ 「コンテンツ作成」

打ち合わせや他の業務がないときはコンテンツを作成します。
また、新しくコンテンツやメディアを立ち上げるときはブレストや会議などを行うこともあります。

17:30~ 「退社」

17:30が定時なので定時までにタスクが終わっていれば帰宅します。
基本的には定時で帰宅できますがまれに定時後に仕事が入ったり、どうしても仕事が片付かないときは残業をします。
クライアントを持っているわけではないのでスケジュールは割と余裕を持ってこなすことができるのでマイペースな僕にピッタリです。

まとめ

今回はWEBマーケターの仕事内容を簡単に紹介し、1日のスケジュールを紹介しました。
これからWEBマーケターに転職しようと考えている人、興味がある人は是非参考にして下さい!
僕が未経験から「WEBマーケター」に転職する際に使用した転職サイトはこちらにまとめているので参考にしてください!

 

ABOUT ME
カンキチ
本業はベンチャー企業のウェブディレクター兼ウェブマーケター。 工場作業員→ウェブ業界に30歳手前で転職した独身会社員。 趣味はカメラと読書。 マーケティングとデータ分析が大好物。