転職ノウハウ

高卒が馬鹿にされる理由はなに?馬鹿にされないための対策3選!

「会社で高卒のことを馬鹿にされる」

「どこか馬鹿にされている気がする」

こんなことを感じたことはないでしょうか。

僕も高卒で社会に出たのですが「なんか馬鹿にされているな~」と感じたことは1度や2度ではありません。

馬鹿にされるだけならいいですが、高卒というイメージだけで仕事ができないと思われたり、給料が上がらなければ大問題ですよね?

そこで今回は高卒で就職した工場で年収600万円まで上げたり、工場からWEBマーケターに転職した僕が高卒が馬鹿にされる理由とその対策について解説します。

現在高卒のことを馬鹿にされていると感じている方はぜひ参考にしてみてください!

<関連コラムはこちら>

高卒の転職が厳しいって本当?高卒の転職を成功させるポイントもご紹介

【学歴コンプ】高卒は恥ずかしい?進学しなかった僕が解説!

高卒がバカにされる3つの理由

なぜ高卒は馬鹿にされてしまうのでしょうか。意味もなく馬鹿にされているのでしょうか。

実は高卒がバカにされてしまう理由はいくつかあります。主に以下の理由で馬鹿にされています。

  • 日本が学歴社会だから
  • 高卒は育ちが悪いと思われがちだから
  • 仕事内容が大卒と区別されているから

それぞれ解説していきます。

高卒が馬鹿にされる理由1:日本が学歴社会だから

高卒がバカにされる理由として大きなものとして日本が「学歴社会」ということがあります。

日本は大卒のほうが優秀と捉える風潮があります。理由はいくつかあります。

  • 高卒よりも4年長く勉強しているから
  • 10代の頃に受験という競争を乗り越えているから

こういった理由から大卒のほうが良いという認識を持たれています。

もちろん大卒のほうが優れている、高卒の方が劣っていると一概には言えないのですが世の中の多くの人は学歴だけで大卒の方が優れていると思っていると考えて良いでしょう。

そういった理由から高卒は学歴で馬鹿にされてしまいます。

高卒が馬鹿にされる理由2: 高卒は育ちが悪いと思われがち

高卒が馬鹿にされる理由に育ちが悪いと思われがちなこともあります。

大学に進学しない理由はいくつかあります。「学力が足りない」「お金がない」などたくさんありますがイメージとして「育ちがわるい」と思われてしまっていることも関係しています。

高卒で働いている人の中には学力が低く、大学に進学できない人が一定数存在しています。「育ちが悪くて勉強しなかったんじゃ…」「まともな勉強をしてこなかったのでは」と思われてしまっているんですね。

完全にイメージだけで判断されてしまっていますが社会に出ると普通に偏見で見られることもあるます。

高卒が馬鹿にされる理由3: 仕事内容で大卒と区別されているから

高卒が馬鹿にされる理由には「仕事内容が区別されている」という理由も関係していると思います。

高卒と大卒では仕事内容に区別があることが非常に多いです。僕が働いていた前職の工場でもしっかり区別されていました。

  • 高卒:力仕事が基本。汚れること、きつい仕事は高卒の担当
  • 大卒:デスクワークが基本。工場の生産数をコントロールしたりする

高卒は一般的に学力がないと思われているので「頭」を使う仕事ではなく「体」を使う仕事を任されることが多いです。

高卒の仕事は誰でもできるけど大卒の仕事は高卒にはできないと思われているので高卒のバカにされがちなのです。

高卒だと馬鹿にされないための対策3つ

高卒だと馬鹿にされないための対策を3つ紹介致します。

  • 価値の高い資格を獲得する
  • 本業・副業を頑張って年収を上げる
  • 学歴の関係ない仕事・職種につく

それぞれ解説していきます。

高卒だと馬鹿にされないための対策1:価値の高い資格を獲得する

高卒と馬鹿にされないために価値の高い資格を取ることは非常に有効です。

例えば

  • 簿記
  • 行政書士
  • 中書企業診断士

などなど学歴に関係なく受験できる資格はたくさんあります。

価値の高い資格を取得することで「高卒の〇〇さん」ではなく「すごい資格を持っている〇〇さん」と認知してもらうことができます。

また資格の保有により年収が上がったり、転職をしやすくなったりと非常におすすめな対策です。

僕も実際にウェブ解析士という資格を取得し、転職に成功したので資格取得は本当におすすめです。

<こちらの記事もおすすめ>

【これが現実】高卒で資格なしは実際に転職できないのか徹底解説!

高卒だと馬鹿にされないための対策2:本業・副業を頑張って年収を上げる

高卒は年収が低いと所得で馬鹿にされることがあります。そんな方の対策は「本業・副業を頑張って年収を上げる」です。

年収が低ければ上げればよいのです。本業を頑張って年収を上げるのも良いですし、スキルを身に着けて副業で年収を上げるのもよいでしょう。

近年クラウドソーシングサイトが普及してきているので初心者でも副業を始めやすくなっています。

まずは一度「WEBライター」などで副業を初めて見るのも良いでしょう。

WEBライターの始め方は「【高卒でも活躍!】未経験でも人気のWEBライターになれるの?【徹底解説】」で解説しているんで一度参考にしてみて下さい。

高卒だと馬鹿にされないための対策3: 学歴の関係ない仕事・職種につく

学歴で馬鹿にされているのなら「学歴の関係ない仕事につく」のも良いのではないでしょうか。

大手企業などは社内でも学歴で判断されることが多いと思いますが、そもそも学歴の関係ない実力主義の企業や仕事についてしまえば馬鹿にされることもなくなります。

例えば次のような職種は実力主義で学歴で判断されることも少ないのでおすすめです。

今挙げた職業は学歴は比較的重視されにくく、実力や結果主義の企業が多いので自分のスキルや能力だけで勝負したい人には非常におすすめです。

学歴だけで判断されることにうんざりしている人は一度「転職」を検討してみてもよいでしょう

基本的に高卒は大卒に見下される

さてここまで高卒が馬鹿にされる理由と対策を解説してきました。

しかし、大前提として「高卒は大卒に見下される」ということは覚えておきましょう。

高卒というだけで見下されるなんておかしい話です。しかし、実際に世の中は高卒よりも大卒のほうが優秀と思っているのは事実です。

まずは見下されると思って予め行動しておくことで対策ができます。まずは高卒を嘆くよりも自分のスキルや能力を向上させることに注力するほうが絶対に良いです。

そもそも高卒を馬鹿にする人と付き合いを持たない

僕が社会に出てから感じたことは「そもそも高卒を馬鹿にする人と付き合いを持たない」ということです。

高卒という1つの面だけを見て人を判断するような人と付き合いを持っても確実に損をします。

僕からのアドバイスは「高卒を馬鹿にするような人とは付き合いを持たない」ということです。中々難しいかもしれませんが実行できると一気に生きやすくなりますよ!

高卒を馬鹿にされないための対策をして快適に過ごそう!

今回は高卒が馬鹿にされる理由と馬鹿にされないための対策を紹介しました。

実際僕も高卒を馬鹿にされてたくさん悔しい思いをしました。また高卒は本当のことなので言い返すこともできず悔しい思いをしてきました。

しかし、資格を取得したり転職をして環境を変えたことで高卒ということをコンプレックスに感じることなく生活できるようになりました。

僕と同じように高卒を馬鹿にされる人が一人でも少なくなる助けになれば嬉しいです!