転職

高卒の転職が厳しいって本当?高卒の転職を成功させるポイントもご紹介

「高卒だと大卒と比べられて転職が厳しいと言われて悩んでいる。」

「高卒では転職は厳しいの?」

と不安に思っている方もいるでしょう。

今回は高卒の転職が厳しいといわれている理由から、高卒の転職のコツまで徹底解説します。

ぜひ転職活動の参考にしてください。

《今すぐ転職先を探したい方はこちら
【実例あり】高卒でも未経験で転職できるおすすめ職業3選【IT業界が熱い】

高卒の転職が厳しいといわれている理由

高卒の転職が厳しいと言われている理由
なぜ高卒の転職は難しいの?

世間一般的に高卒の転職は難しいといわれています。

実際に周りに厳しいと言われた方もいるでしょう。

では何故そう思われているのでしょうか?

具体的にご説明します。

高卒の離職者が多い

高卒の離職者が多いのが現状です。

厚生労働省によると令和2年度は、高卒の入社後3年以内の離職率は36.9%。
つまり3人に一人が辞めているというデータがあります。

(厚生労働省引用)

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00004.html

離職が早いと転職先でもすぐにやめると思われるため、採用をしてくれない可能性が高くなります。

また個人としてではなく、高卒として見られることも事実です。

高卒だから早く辞めると偏見をもたれることもあるでしょう。

高卒以上の条件に満たない

大卒以上の条件がある求人が数多く存在しています。

大卒を欲しがる理由としては、大学の卒業は努力の指標として分かりやすいからです。

また良い大学に出ている人ほど様々な経験を積み、努力していると思われます。

努力・忍耐力は社会人として必須のため、大卒を基準にしている企業が存在します。

本当に高卒で転職は厳しいのか?

高卒の転職が厳しいと言われている理由
高卒の転職は本当にきびしいの?

高卒の転職は本当に厳しいのでしょうか?

他者からの客観的な意見だけでは、判断できません。

実際の意見から検証してみましょう。

悪い意見

ひとつ上の先輩が高卒だから転職するより今の会社にいた方がいいと話してた。

本当にそうなのだろうか。

(引用)

なにかと高卒だと転職の幅が狭すぎて大卒資格が欲しいと思ってた。

高卒だから転職するより今の会社にずっといることを選択すべき、転職の幅が狭いなどの意見が見られました。

転職は高卒だからしてはいけないルールはありません。

自分がしたいと思ったタイミングでするべきです。

しかし大卒以上を採用している企業があるのも事実です。

それでも高卒でも大卒と変わらずに働ける企業もあるので、すぐに転職先を決めず幅広く検討しましょう。

大卒資格をとるのも良いですが、手に職がつく資格をとることも選択肢にいれておきましょう。

良い経験談

正社員転職成功できました~!

職歴ほとんどなく、高卒でもあったけど年収400万ほどで安定して働けてます

今考えると高卒でよかった所は、大学生が遊ぶ4年間の間で、正社員、転職、フリーター、脱サラ、副業、引っ越し、行政手続き諸々、事業投資、株式投資の全てを経験できたこと

高卒でも転職はできる、高卒のおかげで周りよりも色々な経験を先に積めたなど、高卒でよかったなどの経験談も見られます。

何年も同じ会社で働いていれば安定した転職先を見つけられます。

高卒だからこそ周りが大学生で過ごしている4年間に様々な社会人経験を積むことができ、社会人として周りより一歩先に進めるでしょう。

高卒の転職は不利なだけではなく、高卒だからこそいい点もあります。

高卒の転職は不利ではない

高卒の転職は実は不利ではない
実は高卒の転職は不利ではないのです

先ほどの経験談にもあったように、高卒の転職は決して不利ではありません。

ここからはデータをもとに解説します。

高卒でも求人が多い

厚生労働省によると令和2年7月時点で、

・求人数 約33万6千人で、前年同期比24.3%の減

・求職者数 約16万人2千人で、同8.0%の減

・求人倍率           2.08倍で、同0.44ポイントの低下のデータが公表されています。

(厚生労働省引用)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000178038_00003.html

以上のデータから、一人に対して2社の求人があることが分かります。

高卒だから求人が少ない訳ではありません。

dodaは高卒未経験の求人が特に多いのでおすすめです》
転職にdodaをおすすめしたい理由

高卒も大卒も離職率は変わらない

厚生労働省によると大卒の離職率は31.2%あるそうです。

(厚生労働省引用)

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00004.html

初めに紹介した高卒の離職率とほとんど変わらないですよね。

そのため現在では大卒も高卒も離職率で判断されることは少ないでしょう。

転職先では経験者を選ぶ傾向にあるため、大卒の未経験者よりも高卒の経験者の需要があります。

高卒は早めの段階から社会人として働いているため、周りの人より仕事に対しての知識が豊富です。

自信をもって転職活動をしましょう。

高卒の転職を成功させるコツ

高卒でも転職を成功させる方法
高卒でも転職を成功させる方法を紹介します

転職はコツがいります。

ここからは高卒ならではの転職を成功させる秘訣をお伝えします。

経験のある業界を選ぶ

未経験の業種も転職することはできますが、周りが経験者だと働き始めてから厳しい状況に陥ります。

高卒と大卒の未経験者で区別されることもあるでしょう。

しかし大卒の未経験者と高卒の経験者だと、学歴に関係なく経験者が選ばれるため、高卒でも有利です。

今の仕事に不満がなければ同じ業種で転職して、自分の今まで磨いてきたスキルを活かしましょう。

資格をとる

経験も大事ですが、職務経歴書から資格の有無をチェックされます。

そこで資格をもっていると有利になります。

重宝される資格は、普通自動車免許が有名です。

求人の条件で車の運転免許が必要な求人も数多くあります。

高卒でも応募できる求人にもかかわらず、車の免許で応募できないともったいないので車の免許はもっておくといいでしょう。

またTOEICはもっていて損はない資格です。

海外との交流をもつ会社も増えていて、英語ができる方が求められています。

ベンチャー企業を選ぶ

ベンチャー企業は実力主義の傾向がつよく、学歴で判断しない企業も多いです。

年功序列もあまりなく、貢献した分だけ自分に返ってきます。

前職が短い期間だったとしてもその期間で得たスキルを重視してくれるため、高卒でも活躍できます。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用してみましょう。

向いている業界や未経験の業界に入るチャンスが増えますし、職務経歴書の書類の書き方や面接の仕方までサポートしてくれます。

企業とのやりとりも代わりにやってくれるため、安心して転職活動を行えます。

高卒向けの転職エージェントもあるのでおすすめです。

まとめ

高卒でも転職は可能です!
高卒でも転職を諦めずに頑張りましょう!

高卒は転職が厳しいのか?という疑問に対して解説しました。

高卒でも転職は可能です。

ただしコツを知らないと転職活動が困難になる場合もあるので、ご紹介したコツをもとに転職活動を行ってみてください。

投稿者プロフィール

カンキチ
カンキチ
高卒工場→WEBマーケター/ウェブディレクター
28歳で念願のWEB職に転職しました♪
ブラック企業・父親アル中で人生のどん底へ…
どん底からの這い上がり方をお見せします!

おすすめ転職サイトTOP3

【転職経験者が自信を持っておすすめする転職サイトです!!】

<完熟丸>・・・エンジニア▶総務・人事へ転職成功!

<カンキチ>・・・高卒・アラサー・工場員▶ウェブマーケター

へ転職を大成功させた2人が実際に使っていた転職サイトの中からおすすめの3つをピックアップしました!

DODA

転職を考えているならまず登録するべき。

・専任エージェントが担当
・エージェントの徹底サポート
・トップクラスの求人数

と転職で大事な要素が目白押し!
転職を成功させたいならとりあえず登録しておこう!

リクナビNEXT

業界トップクラスのリクナビNEXTは必ず抑えて置かなければならない転職サイトと言っても過言ではないでしょう。

さすがは天下のリクルートグループ、求人数は転職サイトでTOPクラスです。

また未経験OKの求人にも力を入れており、転職が初めての人でも非常に求人が探しやすいのが特徴です。

とりあえず登録しておいて間違いがないです。

-転職