転職

転職でブラック企業に転職しないために必要なこと

ブラック企業の特徴とは?

 

ブラック企業に明確な定義は存在しませんが、ブラック企業に共通する大きな特徴が5つあります。

 

· 残業が当たり前で残業代が支払われない

· 休日の数が少なく有休の使用ができない

· パワハラやモラハラがある

· ペナルティが存在する

· 給与が減額されたり未払いの給与がある

 

それぞれ細かく解説していきます。

残業が当たり前で残業代が支払われない

 

日本では、労働基準法で週40時間を超える労働はさせてはならないと法律で定められています。

1ヶ月に45時間を超える残業は違法になる可能性もあります。

 

企業によっては繁忙期で残業が増える時期がありますが、残業が当たり前になったり残業代が発生しない企業はブラック企業です。

 

また、管理職には、管理職手当が発生するため残業代を支払わないなど悪質な会社も存在するため注意しましょう。

 

休日数が少なく有休の取得ができない

 

基本的な会社では、1日8時間の週5日勤務が多いのではないでしょうか?

法律によって休日の日数は決められており極端に少ない場合は法律違反になります。

また、ブラック企業では有休の申請をしても色々な理由をつけて許可してもらえません。

 

転職する前に有給の使用はできるか確認しておくといいでしょう。

 

パワハラやモラハラがある

 

上司による高圧的な態度や、影での悪口などもブラック企業にはよくあります。

仕事を教えてもらえず放置されたり、理不尽な要求で部下を困らせてきます。

 

特に、悪質なのは他の大勢の社員の前で怒鳴ってくる場合などは要注意です。

あまりにパワハラがひどい場合は、労働基準局や警察など相談しましょう。

 

ペナルティが存在する

 

発注の数を間違った商品を買い取らせたり、目標の売り上げに到達できなかった場合のペナルティがある会社もブラック企業です。

 

通常の会社であれば部下のミスは上司がカバーするものですが、ブラック企業では部下に全責任を取らします。

 

 給与が減額されたり未払いの給与がある

 

コロナが流行している現在では、仕事が減っている企業では昇給がなかったりボーナスが減る会社なども存在すると思いますが、コロナの影響を受けず売り上げも減ってないのに給料の未払いや減額する会社はブラック企業です。

 

ブラック企業を見分ける方法

 

もしブラック企業に就職してしまったら、何かと理由をつけてなかなか辞めさせてくれません。

そうならないためにも、事前にブラック企業を見分けることが大切になってきます。

下記でブラック企業を見分ける方法をまとめました。

 

求人が常に出ている

求人情報で転職先を探していると、いつまで経っても同じ求人を出している会社があります。

そのような会社では、何か理由があり社員が定着しないため常に求人を出している傾向があります。

ただ、仕事が忙しく人手が足りていないため求人を常に出している場合もあるため、そのような場合にはその会社のホームページを見たり口コミを調べてみるといいでしょう。

 

 

求人情報に残業時間や休日数が記載されていない

 

通常の会社では残業時間や休日数を記載していますが、ブラック企業では記載していない場合が

あります。

何かトラブルが起きた際などに、あやふやにして責任逃れを行うために記載していない場合が多いようです。

雇用条件を明確に記載していない会社は避けるのが無難でしょう。

 

給与が多すぎたり少なすぎる

 

極端に給料が低いのはもちろんなこと、高い場合も注意が必要です。

給料が高すぎる場合は、残業や休日出勤が多く仕事がきつい場合が多いです。

また、最初から歩合が加算されている給与の額を記載している場合もあります。

 

ホワイト企業に転職するためにはどうすればいいの?

 

ではブラック企業を避けて、ホワイト企業に転職するにはどうすればいいのでしょうか。

ホワイト企業に転職するためのポイントをまとめました。

 

大企業や有名な会社以外でも転職先を探してみる

 

ホワイト企業に転職するために、まず大企業や有名な会社を探しがちですが、そのような会社でもブラック企業はたくさんあります。

大企業や有名な会社でなくとも、ホワイト企業はたくさん存在します。

中小企業や小さな会社も、視野を広げて探してみるといいでしょう。

 

 

求人情報を細かく調べる<

 

ホワイト企業を探すために大切なのは、求人の条件など細かく調べることです。

基本的に年間休日数が120日以上ある会社は、ホワイト企業になります。

また福利厚生が充実しているかなども、ホワイト企業を探すううえで重要になってくるためしっかりチェックしておきましょう。

 

面接の担当者の対応がしっかりしているか確認する

面接の際に、応募者に丁寧な対応をしているかも重要なポイントに

なってきます。

労働条件の面などでわからないい部分を聞いた際に、流さずに細かく回答してくれるかどうかも確認しておきましょう。

ブラック企業の場合は労働条件でわからない部分を聞いた際に流されることが多いです。

 

ブラック企業への転職を避けて心身ともに健康に働こう

 

今回紹介したブラック企業の特徴として下記のものがあります。

 

· 残業が当たり前で残業代が支払われない

· 休日の数が少なく有休の使用ができない

· パワハラやモラハラがある

· ペナルティが存在する

· 給与が減額されたり未払いの給与がある

 

ブラック企業を見極めるために求人情報を細かくチェックし面接担当者の対応なども確認することでブラック企業を避けホワイト企業に就職しやすくなります。

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事です。

おすすめ転職エージェント

転職エージェントを実際に使ってみたメリットとデメリット

転職エージェントの紹介記事です。

実際に転職エージェントを使ってみた感想とメリット・デメリットを紹介しています。

とりあえず自分の市場価値を知りたい人・未経験だけど転職できるか心配な人にたくさん読まれています.

おすすめ転職サイト

【初めて転職する人へ!】20代におすすめの転職サイト3選

初めて転職する人によく読まれている記事です。

僕も実際に今の会社に転職する際に使用していたサイトです。

とりあえず登録して空いている時間に企業リサーチするのもおすすめです。

イチオシの転職サービス

転職にdodaをおすすめしたい理由

カンキチのイチオシ転職エージェントです。

dodaは求人の質・リクルーターの質がよく自信を持っておすすめできます。

そんなdodaのことを紹介したこの記事はたくさん読まれていてみんな口を揃えて満足していると答えています。

おすすめ転職サイトTOP3

【転職経験者が自信を持っておすすめする転職サイトです!!】

<完熟丸>・・・エンジニア▶総務・人事へ転職成功!

<カンキチ>・・・高卒・アラサー・工場員▶ウェブマーケター

へ転職を大成功させた2人が実際に使っていた転職サイトの中からおすすめの3つをピックアップしました!

DODA

転職を考えているならまず登録するべき。

・専任エージェントが担当
・エージェントの徹底サポート
・トップクラスの求人数

と転職で大事な要素が目白押し!
転職を成功させたいならとりあえず登録しておこう!

リクナビNEXT

業界トップクラスのリクナビNEXTは必ず抑えて置かなければならない転職サイトと言っても過言ではないでしょう。

さすがは天下のリクルートグループ、求人数は転職サイトでTOPクラスです。

また未経験OKの求人にも力を入れており、転職が初めての人でも非常に求人が探しやすいのが特徴です。

とりあえず登録しておいて間違いがないです。

-転職

© 2021 人生の落とし穴 Powered by AFFINGER5