転職ノウハウ

転職活動にかかる平均期間は3ヶ月?流れやコツを解説!

周りの人たちが転職する時にどれくらいの期間がかかっているか、気になりますよね。

特に、初めて転職する人は、その感覚も掴めないでしょうし、どれだけ時間がかかるかによっては予定の立て方も変わってきます。

生活スタイルや、仕事によってどれだけ時間を割けるか変わってくるため、一概にどれだけ時間がかかるとは断言出来ないのですが、実際に周りの人たちがどれだけ時間をかけているのか、そして、どのようにスケジュールを立てていけばよいのかを紹介していきます。

《関連記事:【不安解消】転職で不安を感じている人に読んでほしい記事

《関連記事:まず何をすればいい!?転職活動を成功させるための進め方

平均的な転職期間は三ヶ月から半年程度

もしかしたら、今の職場に不満を募らせて今すぐ辞めたいと思われている人もいるかもしれません。

ですが、転職活動を開始し、実際に新たな職場で勤務が始まるまで、三ヶ月はかかると言われています。

これは、転職を成功させた人たちが転職にかけてきた平均的な時間であり、人によってはこれよりも早い人、遅い人はいるかもしれませんが、身内や知り合いの伝手を使わなければ、情報収集と採用だけでもこのくらいの時間はかかると思われます。

今すぐには転職することは現実的ではない、ということを頭に入れながら、退職をするタイミングもしっかりスケジュール管理していきましょう。

在職中にするか、退職後にするか

転職活動に成功した人は、6割が仕事を続けながら行い、残りの4割は仕事を辞めてから転職活動を始めています。

経済状況や、心身の状況によって選択は変わってくると思われますが、どちらもメリット•デメリットはあります。

在職中に転職活動を行うメリットは、やはり収入が途切れないため、焦ることがないことですよね。

もちろん、仕事を続けているため離職期間もできません。

生活を安定させながら転職活動をすることができます。

ですが、もちろんデメリットもあります。

それは、時間的都合を付けにくく、転職の準備や面接のスケジュールを調整しにくいということ。

こういったデメリットを解消するためには、やはり転職を希望している人と企業の合間に立ってくれる転職エージェントを利用するのが良いのではないでしょうか。

仕事を辞めてから転職活動を行うメリットは、時間的な都合がつけやすく、準備や面接のスケジュールが立てやすいこと。

人員不足のための急な求人にも応募しやすいはずです。

精神的なゆとりもできやすいですよね。

デメリットは、収入が途絶えてしまうため、ある程度の貯蓄がある人にしかできないこと。

また、貯蓄があっても転職先が見つからなければ焦りも生まれてくるため、良い案件を逃してしまう、ということもあると思います。

どちらにするか迷う場合は、個人的には、働きながら転職活動を行うことをお勧めします。

効率的に、後悔しない転職活動するには

仕事をしていても、していなくても時間に追われてしまう現代人。

やはり、転職は効率的に進めていくことが望ましいですよね。

長引かせてしまえば、モチベーションも下がってしまいがちです。

そのため、効率的に転職するためには、自分が「転職活動以外の事をしているときにも転職活動が進んでいる」というのが一番望ましいのではないでしょうか。

自分以外が転職について親身にサポートしてくれるサービスの代表は、もちろん転職エージェントです。

情報を登録することによって、マッチする企業を探してくる転職エージェントは、この上ない味方になってくれるでしょう。

もちろん、自分自身で行動し続けるのも、モチベーションを保つためには重要です。

様々なサービスを利用し、効率的な時間の使い方を意識して転職活動を進めていきましょう。

転職活動をするなら転職エージェントや転職サイトがおすすめです。

《おすすめ記事:【2021年版】高卒が使うべきおすすめ転職サービス

転職活動の準備をしよう

転職活動を始める際には、しっかりした準備が必要です。

もちろん求人の情報収集を集めることも重要ですが、見落としがちなのは自己分析を行うこと。

自分の性格を理解するのは当然ですが、自分にどれだけの市場価値があるのかを知らなければいけません。

なかなか自分だけでは分かりずらいため、客観的な評価を知るために転職エージェントや、様々なサービスを利用していきましょう。

また、自分の強みを相手に伝えるための手段も磨きをかけなくてはいけません。

履歴書もそうですが、面接の有効的な技法などももちろん存在します。

しっかり、地に足をつけて準備をしていきましょう。

転職というのは社会的に見たらマイナスに取られるかもしれない、と思ってしまう人がいますが、そんなことはありません。

特に、このご時世では転職するのが当たり前、くらいの気持ちでいても良いのでは。

転職10回以上で見えた転職サイトと転職エージェントの使い分けとは?

まとめ

転職の期間は、平均で3か月から半年かかるのが現状であり、人によってはそれ以上に時間がかかる場合もあります。

人それぞれで状況は変わってくるでしょうが、今の仕事を辞めるタイミングも、やはりそれくらいの期間を見て動き出さなければなりません。

生活を安定させる一番良い方法はもちろん、今の仕事を辞めた後に、すぐに新たな仕事に就く事。

ですが、焦ってしまっては視野も狭くなってしまうのは簡単に想像できますよね。

しっかりとスケジュールを立てながら、転職活動を進めていきましょう。

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事です。

おすすめ転職エージェント

転職エージェントを実際に使ってみたメリットとデメリット

転職エージェントの紹介記事です。

実際に転職エージェントを使ってみた感想とメリット・デメリットを紹介しています。

とりあえず自分の市場価値を知りたい人・未経験だけど転職できるか心配な人にたくさん読まれています.

おすすめ転職サイト

【初めて転職する人へ!】20代におすすめの転職サイト3選

初めて転職する人によく読まれている記事です。

僕も実際に今の会社に転職する際に使用していたサイトです。

とりあえず登録して空いている時間に企業リサーチするのもおすすめです。

イチオシの転職サービス

転職にdodaをおすすめしたい理由

カンキチのイチオシ転職エージェントです。

dodaは求人の質・リクルーターの質がよく自信を持っておすすめできます。

そんなdodaのことを紹介したこの記事はたくさん読まれていてみんな口を揃えて満足していると答えています。

ABOUT ME
カンキチ
本業はベンチャー企業のウェブディレクター兼ウェブマーケター。 工場作業員→ウェブ業界に30歳手前で転職した独身会社員。 趣味はカメラと読書。 マーケティングとデータ分析が大好物。